FANDOM


Seraph of the End: Guren Ichinose: Catastrophe at Sixteen (2) (終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(2) Owari no Serafu - Ichinose Guren, 16-sai no Hamestu (2)?) is the second volume of the Seraph of the End: Guren Ichinose: Catastrophe at Sixteen manga.

ContentsEdit

SummaryEdit

JapaneseEdit

これは、もう一つの『終わりのセラフ』。世界が破滅する“直前”の抗いの物語――。 15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女との再会であった――運命に抗う“学園呪術ファンタジー”、始動!!

第一渋谷高校で一瀬グレンは、学校を支配する柊家の人間に次々出会う。その地位と実力で学校の人々を従わせる柊征志郎、柊家を憎み、グレンと手を組もうとする養子・柊深夜、そして、幼き頃に想いを寄せ合った少女・柊真昼――一方、学外でも最大の呪術組織《百夜教》に所属するという謎の人物・斉藤から、柊家が原因で世界が破滅するウィルスが蔓延することになる、と聞かされ‥‥!? 急展開を迎えるダークファンタジー!

CharactersEdit

List of characters in order of appearance:


ReferencesEdit

NavigationEdit

v  d  e
Volumes

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.